鬼の一面

f:id:willcoaching:20161231165510j:plain

「私には鬼のような一面がある。」
 
ある人から聞いた言葉です。
 
「鬼のような性格」「鬼のような形相」など、鬼は冷酷、恐ろしい、残忍などのマイナスイメージが強くあります。
 
では、鬼と対比して使われる「仏」という言葉はどうでしょうか?
「仏のような心」「仏のような顔」など、仏は穏やか、優しい、思いやりがあるなどのプラスイメージが強くあります。
 
マイナスイメージで使われる事の多い「鬼」ですが、「鬼の目にも涙」といった鬼のイメージを覆すような言葉も使われています。
反対に、仏も「仏の顔も3度」というふうに使われます。
 
私達の心は、鬼の面も仏の面も表裏一体に合わせ持っています。
心は絶えず変化し続けており、その時々で何を選ぶかによって自分が決まります。
 
誰にでも、鬼の一面はあります。
 
鬼の心を選択すれば、鬼になれます。
仏の心を選択すれば、仏になれます。
 
この世に絶対はありません。
 
いつでも、自分のなりたいものになれます。
いつも自分の心が決めるのです。
 
あなたは、何を選択しますか?