読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真のゴール

f:id:willcoaching:20161128044945j:plain

部屋の整理をしていると、子供の頃の写真が出てきました。
少年野球をしていた時の写真です。

当時の私は「プロ野球選手になる」という夢を持っていました。

 友達と一緒に公園で遊ぶ野球が楽しく、テレビで見るプロ野球選手に憧れもあり野球チームに入りました。

 

しかし、毎日の練習と毎週のように休日に行われる試合で、友達と遊ぶ時間が無くなり「何か違う」と感じながらも、周囲の「続けた方がいいよ」「もったいない」といった言葉を受け入れて何となく野球を続けた過去を思い出し、一時を楽しみました。

当時の私の本当のゴールは「プロ野球選手になりたい」というゴールではなく、「友達と楽しい時間を過ごしたい」ではなかったのかなと思います。

コーチングでは、ゴール設定が重要です。

たとえゴールが設定できたとしても、世間の常識、他の人が思う理想像などが影響し、自分が心から望むゴールではない事があります。

心から望んでいないゴールだと、パフォーマンスが上がらずゴールの達成はできません。

「そのゴールは、心から望むゴールなのか?」

「そのゴールを達成した時に、心から嬉しいのか?」

自分で設定したゴールを定期的に自分に問いかけ確認し、違うと思えば修正されることをお勧めします。

本当のゴールは、その先にありますよ。