選択

f:id:willcoaching:20161112113607j:plain

 最近、映画を観る機会が増えています。
 
ふと気づいたのですが、私が好んで見ている映画のジャンルには偏りがありました。
 
ホラー映画、ミュージカル映画、ロマンス映画などは観ず、アクション映画、SF映画、スポーツ映画などを無意識に選択し鑑賞していたのです。

 これは、ブリーフシステムと言われる、脳の前頭前野に作られた認識パターンが働いています。

ブリーフシステムとは、個人が強く信じて疑わない固定的な考えのことです。
 
「健康維持のためには、野菜を食べないといけない」
「いい大学に入って、一流企業に就職すると幸福」
「家庭を守るために、残業が多くても我慢して働き続けないといけない」
「家に帰ったら真っ先にテレビをつける」
「風邪予防のため、外から帰ったら手洗いうがいをする」
「目玉焼きにはソースをかける」
 
私たちは、ブリーフシステムの働きによりあらゆる選択をしています。
ブリーフシステムは、何に耳を傾け何を受け入れるかで決まりますので、個々人で違います。
好きなもの、信じること、思うことが、個々人で違って当然なのです。
 
数学者のゲーテルやチャイティンが証明したように、この世に絶対的なものはありません。
 
他人の価値観を受け入れ、他人が思い描く幸福を追い求めることもできます。
自分のやりたいことをやって、幸福を得ることもできます。
どちらでも、自由に選ぶことができます。
 
選ぶのはあなたです。
 
現状を変えたいと思われる方は、ブリーフシステムを見直してみられてはいかがでしょうか。