読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発見‼

f:id:willcoaching:20161101083828j:plain

ハンディーサイズのBluetoothスピーカーを購入しました。

生活のスタイルが変わり、音楽や動画の音声を聴きながら仕事をする機会が増えたためです。

 今までは、音楽などをヘッドフォンで聴いていましたが、コードが煩わしくなり持ち運びが簡単なBluetoothスピーカーを購入しました。

Bluetoothとは、Bluetooth対応のデジタル機器同士を無線で認識しあいワイヤレスでデータ通信できる仕組みの事です。

例えば、スマホとスピーカーがBluetooth対応であれば、お互いを認識させる設定作業をすればスマホの中の音楽や動画の音声をワイヤレスでスピーカから聴く事ができます。

ワイヤレス通信には電波が利用されていますが、電波は私たち人間の眼には見えません。
電波には、人間が光を感じるだけのエネルギーがないので脳が認識できずに見えないのだそうです。
電波は、私たち人間の眼には見えませんが存在はしています。

私たちは、知らないものは認識できません。
認識できないものは、存在していない事と同じなのです。

電波も、1888年にドイツの物理学者ハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ氏が存在を実証した事で認識できるようになりました。

存在が明らかになってから128年。今では、私たちの生活になくてはならない存在となっています。

その他にも、「ips細胞の発明」や「ニュートリノ振動の発見」など、大発明や大発見によって私たちが存在を認識できるようになります。

存在が認識できるようになると、様々な分野で応用が期待でき新たな物が生み出される可能性がありますし、存在がわかっているので研究の進み具合も早くなります。

研究者の方は「研究対象」に着目する事で、それに関する情報が入り仮説や証明方法などがイメージされ発明、発見につながります。

私たちの生活にも、同じことが言えます。

「何をゴールにするか?」「何に着目するか?」で情報の入り方が変わります。

情報が入ることで、存在に気づき認識が生まれます。

認識が生まれる事で、新たな発見、発想が生まれる可能性が高まります。

ゴール達成が早まる可能性もあります。新たなゴールが見つかる可能性もあります。

ご参考になれば幸いです。向かって行きましょう。